TOPスポンサー広告 > タイトル - 立てて保存する野菜TOP料理知っ得!雑学 > タイトル - 立てて保存する野菜

スポンサーサイト

スポンサー広告|--------(--) --:--:--| Trackback(-)|Comments(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


立てて保存する野菜

料理知っ得!雑学|2011-09-23(Fri) 00:21:00|Trackback:(0)|Comments:(0)
野菜をおいしく保つには、それぞれに合った保存法があります。
野菜の気持ちになれば、自ずと適した保存法も見えてきます。
収穫前の野菜の姿を思い出してみましょう。



キャベツや白菜、ホウレンソウなどの葉菜は下から上へと成長します。大根やごぼうは土の中でまっすぐに埋まっています。
だいたいの野菜は縦に伸びようとしてエネルギーを消費します。
これらの野菜が横になって寝ている状態は、野菜からしてみれば不自然で、それを直そうと余計なエネルギーを使います。
余計なエネルギーを使うとそれだけ、しおれたりするのも早くなります。

収穫した後も、野菜は成長を続けようと、絶えずエネルギーを消費しているので、できるだけ、その消費量を抑えるためにも、野菜を収穫される前にあった状態に近い形で保存することが大切です。

立てて保存する野菜


・葉菜…キャベツ、ねぎ類、ほうれん草、小松菜、白菜など
・果菜…きゅうり、ピーマン、ナス、ゴーヤ、カボチャなど
・根菜…ごぼう、大根、にんじん、タケノコなど
・花菜…カリフラワー、ブロッコリー
・茎菜…うど、セロリ、ふき、アスパラガスなど
・その他、キノコ類

…植物なのに、上下の感覚があるなんて、不思議ですね…。
植物にしても動物にしても、『食べることは殺すこと』改めて感じた気がしました。

関連記事

スポンサードリンク
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
最新の記事


Copyright © 料理の基本のき All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。