TOPスポンサー広告 > タイトル - きゅうりTOP野菜 > タイトル - きゅうり

スポンサーサイト

スポンサー広告|--------(--) --:--:--| Trackback(-)|Comments(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きゅうり

野菜|2011-09-24(Sat) 20:25:52|Trackback:(0)|Comments:(0)

きゅうり


ウリ科の代表的野菜。
特有の風味とみずみずしい食感がサラダや酢の物、漬物に向いています。
皮の色が濃い緑色なので緑黄色野菜と勘違いしそうですが、きゅうりは全体のほとんどが水分で、カリウムやビタミン類も含まれていますが、一番、栄養価の低い野菜としても知られています。

保存法


表面の水気を綺麗にふき取り、ヘタの部分を上にして立てて保存します。
あまり、日持ちしないので、4、5日を目安に早く食べましょう。
塩水につけたり、漬物にしたりすると、少し、保存期間が長くなります。


一年中出回っていますが、7~8月の盛夏に旬を迎えます。
新鮮なものは表面のいぼが痛いくらいトゲトゲしていますが、最近ではこのトゲを軽減した品種も出回っています。
全体的にしっかりとした張りのある、緑色の濃いものを選びます。

使い方


日本では生食、漬物、酢の物が主ですが、中華料理では炒め物に使われたりします。
切り方も様々ですが、きゅうり特有に使われるものとして『蛇腹切り』『たたききゅうり』があります。
ヘタの部分には、皮の方に独特な苦みを持っているので切り取って使います。

・板ずり
表面のいぼと皮のアクを抜き、色を鮮やかにする方法。
切る前のきゅうりに塩をたっぷりまぶし、まな板の上でごろごろ転がす。
手に緑色の汁が着きだし、いぼが滑らかになったら、さっと水で洗い流す

きゅうりを使ったレシピ


・きゅうりとタコの酢の物
・涼拌黄瓜(中華風きゅうりのピリ辛和え)
関連記事

スポンサードリンク
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
最新の記事


Copyright © 料理の基本のき All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。