TOPスポンサー広告 > タイトル - キャベツTOP野菜 > タイトル - キャベツ

スポンサーサイト

スポンサー広告|--------(--) --:--:--| Trackback(-)|Comments(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャベツ

野菜|2011-09-22(Thu) 20:08:46|Trackback:(0)|Comments:(0)

キャベツ


煮物、炒め物、生食とあらゆる料理に幅広く使えます。近年、キャベツダイエットが流行ったほど、食物繊維が豊富で、ビタミンCや胃腸の働きを助けるビタミンUが豊富に含まれています。
生のキャベツの食物繊維は消化が悪いため、食べすぎると腹痛を起こす恐れがあるので注意。


保存法


キャベツの水分を保つことが大切です。半切りで売られているキャベツは切り口から水分がどんどん抜けてしまい、旨みも半減してしまうので、できれば丸ごと購入しましょう。
丸ごとキャベツは新聞紙やポリ袋に入れて、必ず、芯を下にして保存します。
食べきり目安は1週間ですが、芯をくり抜き、そこに濡らしたキッチンタオルや脱脂綿を詰めておけば保存期間が少し伸びます(だいたい2週間)。
冷凍もできますが、生食には向きません。


一年を通して出回っていますが、4月頃に出回る春キャベツは柔らかく、少し苦みがあるものもあります。
2月に旬を迎える冬キャベツは巻がしっかりしていてどっしりと重いのが特徴。
選ぶときも、巻がしっかりした重いものを選びましょう。

使い方


使う時に1枚ずつ、はがして使うと長持ちします。
ロールキャベツなどで、葉を綺麗なままはがしたいときは、芯をくり抜いた部分に流水を当てながらはがすと、葉の間に水が入り、はがしやすくなります。

千切りにしたキャベツは水に放すと、より水分を含んでかさが増えます。…が、水につけすぎると、ビタミンCは溶けだしてしまうので注意が必要です。

キャベツを使ったレシピ


・ロールキャベツ
・コールスロー
・野菜炒め

関連記事

スポンサードリンク
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
最新の記事


Copyright © 料理の基本のき All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。