TOPスポンサー広告 > タイトル - じゃがいもTOP野菜 > タイトル - じゃがいも

スポンサーサイト

スポンサー広告|--------(--) --:--:--| Trackback(-)|Comments(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


じゃがいも

野菜|2011-09-20(Tue) 11:16:15|Trackback:(0)|Comments:(0)

じゃがいも


ビタミンC、B1やカリウムを多く含み、加熱しても栄養素が壊れにくい性質を持ちます。
芽の部分には「ソラニン」と呼ばれる毒素を持ち、中毒症を起こすので、発芽部分や皮が緑色になっているところは、取り除いて使いましょう。
種類は「男爵」「メークイン」「キタアカリ」「インカのめざめ」「とうや」「ワセシロ」「トヨシロ」「デジマ」「ラセット・バーバンク」「シンシア」など。

保存法


光にあたると光合成して発芽してしまうので、光を通さない麻袋や紙袋、段ボール箱などに入れて、風通しのよい涼しい場所に保管します。蛍光灯の光でも芽が出るので注意。
そのままで冷凍保存はできないので、冷凍したい場合は一度ゆでてからにします。
リンゴと一緒に保存するとリンゴからでるエチレンガスがじゃがいもの発芽を抑制する効果があります。


保存がきくので1年中、出回っています。
旬は3~6月の春じゃが、11~12月の秋じゃがです。

使い方


・皮をむいて使う
水で丁寧に洗ったジャガイモの皮を包丁またはピーラー(皮むき機)で剥きます。
その後、芽の部分を丁寧に取り除いて使います。
二つ割り・四つ割りにし、さらに八つ切りににするとだいたい一口大です。カレーや肉じゃがに使いましょう。

・ゆでて使う
基本は皮付きのまま、塩ゆでします。
皮を剥いてゆでると、旨みが抜けてしまう他、水っぽくなってしまいます。
…けれど、皮付きのままゆでたら、熱々の皮を剥くのは難しい…皮を剥いてゆでるのが簡単…。
そう思ったことはありませんか??

皮を剥いてゆでる場合、ゆであがった後にザルにあけて、水気をきったら、再び、鍋に戻して火にかけます。
焦がさないように、鍋を揺すりながら、しっかり水分を飛ばします。ジャガイモの表面が崩れて、ほっくりとしたら完成。
これに塩コショウで味付けしたものが『粉ふき芋』です。

皮付きのままゆでる場合、そのままゆでて熱いながらも、皮を剥くのが一番いいのですが…簡単に皮が剥ける裏ワザが、伊藤家の食卓で紹介されていました。



…この方法なら、旨みが逃げるのも最小限に留め、ほぼ水っぽくならないようにできると思います。

ジャガイモを使ったレシピ


ポテトサラダ
粉ふき芋
肉じゃが
ジャーマンポテト

関連記事

スポンサードリンク
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
最新の記事


Copyright © 料理の基本のき All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。